物納辞典|TFP不動産コンサルティング(株) 物納辞典イメージ
「物納とは?」を解決するノウハウサイトです。 サイトマップ個人情報保護方針
ホーム
物納制度の基礎
物納手続きの流れ
物納制度の改正ポイント
生前からの物納対策
物納コンサルティングの実例
山田不動産コンサルティング(株)
物納辞典イメージ
物納
物納辞典イメージ
物納辞典イメージ
生前からの物納対策
1).全体財産と推定相続税額を把握しよう
2).財産を分類して順位をつけよう
3).財産の組み換えをしよう
4).コンサルティング事例
5).生前物納対策のポイント



5).生前物納対策のポイント

@物納適格性の調査と整備事項の把握をする
万一の時に物納を検討している財産が物納適格か、不適格か、また不適格であれば、どのような点を整備すれば可能となるのかを把握する必要があります。整備が可能なものは早めの着手が必要です。

A
物納予定地の確定測量をする

土地を物納する場合、隣地との間で「境界に異議がない旨の確認書」が必要となります。また、実測面積と登記簿面積が一致してなければ物納が認められません。仮に、面積が一致していない場合は「地積更正」登記が必要となりますが、地積更正登記には原則、隣接土地所有者の実印と印鑑証明書が必要となります。

B物納予定地の整備をすることにより円滑な遺産分割が可能になる
相続人が複数存在し、相続人それぞれが物納申請した場合において、そのうちの一人が万一物納ができなかった場合は、そもそもの遺産分割を巡りトラブルが発生する危険があります。このようなことを極力回避するためにも物納予定地の早めの整備が望ましいといえます。

C物納には多くのコストが発生するため生前の整備が望ましい
物納にあたっては測量費用や登記費用、コンサルティング会社に依頼した場合の報酬など、多くのコストが発生します。しかし、この費用は原則、税務上の経費にはなりません。したがって、生前に費用をかけて整備を進めることにより、相続財産が減り、結果的に相続税も減少することになります。

物納辞典は山田不動産コンサルティング(株)が運営するサイトです。

物納イメージ
  ホーム物納制度の基礎物納手続きの流れ物納制度の改正ポイント生前からの物納対策
物納コンサルティングの実例
 
  Copyright (C) 2013 山田不動産コンサルティング(株) All Rights Reserved