物納辞典|TFP不動産コンサルティング(株) 物納辞典イメージ
「物納とは?」を解決するノウハウサイトです。 サイトマップ個人情報保護方針
ホーム
物納制度の基礎
物納手続きの流れ
物納制度の改正ポイント
物納コンサルティングの実例
山田不動産コンサルティング(株)
物納辞典イメージ
物納
物納辞典イメージ
物納辞典イメージ
物納コンサルティングの実例
1).換金性の低い財産の物納
2).敷地の分筆と物納
3).継続駐車場として物納
4).超過物納
5).自宅底地の物納
6).収益不動産の底地の物納


4).超過物納

@物納申請地の評価が納税額を上回る場合は原則、納税額に見合うよう分筆しなければいけません。
納税額より評価が高い広大地で且つ、分筆することにより無道路地など利用不能な土地が生じてしまうため、例外的に超過が認められ還付金を受けた事例です。
A貸宅地は、借地人ごと(1利用形態ごと)に物納申請します。納税額を上回る貸宅地を物納することにより超過が認められ、還付金を受けた事例です。

物納辞典は山田不動産コンサルティング(株)が運営するサイトです。

物納イメージ
  ホーム物納制度の基礎物納手続きの流れ物納制度の改正ポイント生前からの物納対策
物納コンサルティングの実例
 
  Copyright (C) 2009 山田不動産コンサルティング(株) All Rights Reserved